新着情報 | 福岡市中央区でゴルフや身体のご相談ならPROとGOLFへ

092-718-3562 mail instagram
新着情報
プロとゴルフ

プロゴルファーが直接レッスン!お客様に合わせた徹底指導で短期上達を狙えます!

スライスが直らない!ゴルフ上達への道

2021.04.20

ゴルフを始めて最初にぶつかるのがスライスです。
スライスとは打球が切れていく現象のこと。

例えば、右打ちなら右方向へ、左打ちなら左方向へボールが曲がってしまう状態です。
特にボールの接地面積が広いドライバーで起こりやすい現象です。

スライスはフェースが開いていると、ボールのインパクト時に右方向に向いてしまいスライス回転になりやすいです。
フェースとはクラブのヘッド部分がボールに接触する面のことです。

スライスを矯正するために、スイングの軌道を真直ぐではなく、やや内に絞る様にスイングする方がいます。
右打ちなら左方向にスイングしていくようなイメージです。
ただその場合、ボールに右回りの回転が強くなり、最初は左方向に飛ぶのに段々と右側に曲がってしまう人も多いです。

この打ち方をアウトサイドインと呼びます。(外側から回ってきて内側に絞るような打ち方)

スライスを矯正するのに効果があるのはインパクト時に右腕を上にしてスイングする方法です。(右打ちの場合)

バックスイングの時には左腕が上に来ても問題ないのですが、インパクトする時に右腕を上にして、覆いかぶさるようにスイングするとスライスが起きにくいです。
ただし、手首を返してインパクトするのではなく、自然な形で右腕が上にくるようにしてインパクトするのが好ましいです。

もしイメージ通りにスイングできないようでしたら、「プロとゴルフ」までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

トップへ戻る